kosukaファミリーの暮らし日記

papa、mama、kou、suu、kan 家族5人ぶらり生活。2007年4月からの記録。 papaは2015年夏から3年間、東京単身赴任を経験。

カテゴリ: 家族 suu

この日、suuが18歳の誕生日を迎えました。
「18歳やで!もう、おばさんや。」 知らんがな。
「選挙権や!」とkou。お~、確かに。けど、しばらく機会はないんじゃない???
てなことで、suuの誕生会。
mamaの手作りケーキです。
2003suu01
お、シンプル!と言えば聞こえはいいけど?
続きを読む

この日、suuがセンター試験を終えました。
一旦、お疲れさん!
結果は、数学がコケたということで、目標に30点ほど届かなかったみたいやけど、数学の平均点はめっちゃ低いやん。みんな、できんかったてことでしょう。問題なし。多分。
てなことで、一旦打ち上げで、『天まる』さんへ行こう!
2001ten01
kouはお出かけなので、4人で予約。
続きを読む

先週、papaは久々にくたばった。
東京に単身赴任してから寝込んだことはなかったから、5年ぶりくらい。
今回の症状はおもしろく、まず胃が活動を停止。食べた昼ごはんをまったく消化せず、腹に石を詰めた感じに。朝はなんともなかったのにな。
午後、下り坂。「アカン。多分、明日はTEL休するわ」と言いおいて退社。
帰宅すると、kanもダウン。
聞けば、「お腹痛い」からの発熱。お、papaと同じ症状やん。
翌朝、予定どおりTEL休。kanと一緒に病院へ。papaはもう回復方向だったので、kanだけ受診。インフルチェックは陰性。
「昨日の夕方から発熱で、まだ24時間経ってないね、チェックが早かったかな。熱がぶり返すとかしたら、また来て」と先生。「了解です」
結局、papaの発熱は1日だったけど、kanは4日続いた。高熱にはならんかったけど、インフルだったんやろな。少なくともkanは。
kanは年末に13歳に。
1912cake
この1年で身長がにょっきり伸びて、164cm。いつの間にか、mamaの背も超えていた。
背ばっかり伸ばさずに、中身もよろしくな。
もうすぐ、学年末試験に英検や、がんばろ~。
 
kouとは最近接点少なし。朝少々、夜はなしのことが多いの状況が続く。忙しそうやの~。
車の教習に通い出す。免許を取ったら・・・と妄想すれども、そもそもで一緒に出掛けることは???
試験のため、夜勉強。そのまま寝落ち。暖房も照明もつけっぱなしで 
電気代、払え~。
 
suu、受験真っ盛り。コツコツ頑張るタイプ。
いつのまにか、某私大を公募推薦とやらで、合格。
公募で、推薦?意味がわからん。受験システムについては、mamaに任す。papaは応援あるのみ。浪人はないので一安心。
センター試験は、目標点には届かなかったみたいやけど、全般的に「数学が~(泣)」らしい。suuもその1人。
suuとmamaで将来も考えての進路相談。「本命が通れば、それでOKやけど、アカンかったら、速攻であそことあそこに出願して・・・」「前期試験の結果で、まだ出願できるん?」「そう。センター利用で。今の試験日程はすごいで。あんな・・・」
センター利用?
センター試験利用入試、へ~。
じゃ、試験そのものは2月25日で終わりやねんな。
おぅ、suuちゃん、風邪ひくなよ~。
(papaとkanが熱を出して、mamaは怒ってたやろな。suuにうつすなよ!って)

昨年から、kou、suu、kan、3人とも歯の矯正を始めた。
kanは、だいぶ前に永久歯が10本足りないと指摘されていたので、矯正が必要になるのはわかってたけど、kouも歯医者さんで「息子さんは、出っ歯です。なので、下の前歯が伸びすぎてて、上の歯茎にあたって軽く炎症になってます。」との指摘、要矯正だと。。。外見では出っ歯には見えないんやけど。。。
さらに、suu。suuは小さい頃に玄関で転んで框に前歯をぶつけた影響?で上の前歯の1本が変な向きに。そこは年頃の女の子。
「suu、前歯直そうか。」「うん、やっていいなら直したい。」「直そう。」
で、歯医者さんに行ったら「娘さんも噛み合わせにちょっと問題がありますね。スキ間も多いですし、前歯だけじゃなくて・・・」はい。予想通りのことを言われて、全体の矯正をすることに。
ん~、こういうことがあると、勉強になるな。矯正料はそれなりにかかるけど(3人分でミニバンが買えるぜ)、健康保険とか、確定申告とか、会社の制度とか。なるほど。
で、この日は、suuの治療方針を説明されるということで、suuと歯医者さんへ。
他の患者さんがおらんかったからかな?かなり長々と説明してもらえた。
そして、
「suu、ランチどうする?」「ウチ、ピザを食べたい。」「お~、イタリアンでもピザを食べられるところって、実は少ないんよな。ピザ釜がいるし。」
とかしゃべりながら、高槻センター街あたりをウロウロ。なんせ、歯医者さんを出たのが10時半。開いてる店がないがな。家にいるkanのお昼ごはん用にパン屋に寄ったりして、そんなこんなで、1軒のイタリアンにたどり着く。
『Italian Kitchen VANSAN』さん!
1905lunch01
「ピザあるで。前菜プレートセットてのが、ドリンク2杯やって。」「入ろう。」「OK~」

続きを読む

この日、suuが17歳の誕生日を迎えました。
おめでとう!
もうバイトで稼いで自分で好きなものを買ってるので、物的なプレゼントはナシね。
(え、何年も前からもらってない!って? ひゅ~。)
mamaはちゃんと誕生日ケーキ!でも、飾りつけは、suu。
「え~、自分で飾りつけんのってどうなん。」
それが一番見栄えがいいからや な、mama。
mamaのケーキって、本当にウんマイ 
1903suu
papaは物的なプレゼントはしませんが、食べに行くことならOK!
続きを読む

「ウチ、今度、何かご飯をつくるわ。」と、唐突にsuu。
・・・なんで?
「いや、作ってみようかな~、って。」
おぉっ!作り!
1902suu01
ん~、包丁さばきはなんともおぼつかないですが、オーブン料理が出来上がった!
では、いただきます。
1902suu02
「あ、suuちゃん、豚に火が通ってないわ。」「え~!」「豚肉を重ねすぎやな。大丈夫大丈夫、追加で焼けばいいねん。オーブンをセットしなおして。」「は~い。」
そして、今度こそ出来上がり!
トマト、白菜を一口大に切り、塩コショウをふりながら、豚バラ肉、とろけるチーズと適当に重ねて、その上に、マヨネーズとケチャップを混ぜた、なんちゃってオーロラソースをかけて、オーブンで焼いただけ。
では、今度こそ、いただきます。
「あ、旨いぞ、suu。ビールもらうわ。」「うん、おいしいで、お姉。」「ほんま?」「うん、いけるいける。」
パートから帰ってきたmamaも「なんなんこれ!めっちゃおいしいやん。また作って。」
図書館から帰ってきたkouも「うわっ、これめっちゃ旨い。好み、またリクエスト。」
全員マル!
レシピは、ネットで見つけたもののようですが、suu、ナイスチョイス!
また何か作って~。

12月は、papa、kanの誕生日、クリスマスとケーキイベントが目白押し。
mamaがせっせとケーキをつくり、今回はsuuが飾り付けを担当。
これが意外となんかセンス良かった。
 
papaの誕生日!
チョコペンで文字を書くのって、難しいんじゃないん?
1812cake01
トシの数のローソクはないので、ハテナで代用。え~、46です。
天からの誕生日プレゼントは、歯周病判明だった。。。_| ̄|〇ガクッ 
 
クリスマス!
「あ!サンタとか後からつければよかった~。粉砂糖が~、ウフフフ。」
1812cake02
ドンマイっ!そういうところはsuuらしい。

そして、kanの誕生日!
チョコバナナシフォンやな、いやいや、このデコレーション、イケてるって。
1812cake03
kan、12歳おめでとう!春から中学、もうちょい、しっかりしてよ!
サンタさんからのクリスマス兼誕生日プレゼントは、Gショック。
年末だと、プレゼントが合わせ技になるのは宿命でしょ。
 
3つのケーキ、mamaもsuuのセンスを絶賛。みんな絶賛。
「suuちゃん、どこでこんなセンス身につけたん!?」
「そうなん?そうかな。」
「ウチ、飾りつけだけは自分でもヘボいと思しな~。」
うっさいわ、と言われるのを覚悟で言おう(心の中で)。
(mamaは、ザツなんよ。)
でも、mamaの味は、もちろん抜群やったで!これもみな絶賛。

もう2ヶ月ほど前の話。
夏休みのしょっぱな、suuはオーストラリアへ短期留学しました。
もちろん、suuの希望。学校でそういう取組みがあるんだと。
「お~、行け行け!外国はどんどん行け。英語は大事やからな。」と送り出したpapaとmama。
留学期間は2週間。
「行ってきま~す。」
「別に(日々の)連絡はしなくていいからね。」とmama。「は~い。」
って、本当に全く連絡がなかった。。。
おい、中間で1回くらい「元気にしてるで~。」の連絡して来んかい。
やっと、帰国日の朝、連絡があって
「なんかな、飛行機の都合で帰るのまる1日延びるわ。」やって。
ほんまに”なんかあったら”の連絡やん。
1807suu
ま~、楽しかったみたいでよかったな。
で、留学して得るものはあったんやろか。
その後、どうなんよ?

「あれ、言ってなかったっけ?」とsuu。
「うん。聞いてない。どこでバイトするん?」
「○○(某飲食チェーン店)で、調理補助。盛り付けとかするねん。」
「え~!そうなん。いつから?」
「明日から。」
「へ~!時給は?」
「910円。」
お~、最低賃金やな。ええなぁ。papaの初バイトは17歳って理由で700円やった。
結局、春休みは何もしてなかったけど、新学期始まってバイトスタートですか。
がんばっとくれ。
それにしても、suuが盛り付けって・・・、大丈夫か~???

「suu、結局バイトする気はないん?」
家でのほほんとしているsuuに声をかけてみる。
「あ、そやねん。募集してるところにな、申込みに行ってんけどさ、全部断られてん。」
え?全部???
「何箇所かまわったってこと?」
「うん。どこもな、高校生はあかんねんて。」
え~!さすがや。
suuは行動するってなったら、とても行動力がある。
「近所やったら、あと、あそこのスーパーのレジがあるんやけど、どう思う?」
「あ~、なんか微妙やな。大きいスーパーやし大変そう。」
「そやねん。」
そうこうしてるうちに春休みも終わりやな。
結局、バイトできずですか。
ま、高校生生活の間に、なんか1つくらい経験できたらいいんちゃう?
おかげで、kanはsuuと遊べてよかったかもな~。

この日、suuの誕生日の前日なんだけど、『天まる』さんでお祝いをしました。
suu、おめでとう!
3月生まれって、学年とも関連して、ようやく本来の年齢になったって感じやな。
今の高校って、春休みが1ヶ月ほどあるんやけど、そんなんやったっけ?
部活やめて、長い春休み。ぼ~っと過ごすな、バイトせいよ!バイト!
さて、突き出し。
ホタルイカ酢みそ、稚アユの南蛮。これ、一品にしてほしい。
1803ten01
この日食べたものは、
・特製ポテトサラダ
・生ハムのせ湯葉サラダ
・豪華贅沢造り盛り
 (本マグロ、金目鯛、シマアジ、サーモン、つぶ貝、モンゴウイカ、ウニ)
・さばのキズシ(生、あぶり)
・タコ入だし巻
・特製男爵コロッケ
・カキの天ぷら
・春野菜天盛(フキノトウ、コゴミ、あと何だっけ?)
そして、〆めは、大和いものとろろそば(温)!
1803ten02
あいかわらず、ウ~んマイ 
なんか食べるものが固定化してきてる気がするけど、旨いものは旨い!
天まるさん、今回もごちそうさまでした!
 
翌日。
suuへ誕生プレゼントとして”大人のきのこの山”と”大人のたけのこの里”を渡す。
チョコ菓子、好きやんな?
「うわっ、めっちゃ、ありがとう!ラッキー!」
めっちゃ、喜んだ。
suu、アンタ、ええ子やなぁ。

「お父さ~ん、あんな、ショッキングなことが起こってん。」とsuu。
そのほほえみは何を意味するのか。
papa、警戒モード起動。
「・・・どうしたん?」
「見て。スマホを落としちゃってん。」
画面ヒビ割れ~。
そんなこったろうと思た。
「使えるんやろ。ガマンして使い。」
「え~、割れてんねんで。」
「どうしてもイヤやったら、自分で3万円出して新しいの買い。」
「え、3万。」
「そう。そんなんで、いちいち買いなおす金はない。自分で買うならどうぞ。」
「・・・。」
 
聞けば、普段はカバーをしているのに、写真を撮るのにカバーをはずしてたところに、人にぶつかられて落としたとか。
気の毒。
でも、papaからすれば、そういうときこそ細心の注意を払うもの。甘い。
まぁ、気の毒やな。
 
「お父さん、新しいの買ってくれるかな。」
suuはkouに相談したらしい。
「『画面割れただけやろ、使えるやん』て言われるだけやと思うで。」
さすが、kou。
papaのこと、ようわかってるやん。そのとおりの対応したわ。
 
さてさて、確か、安心保障サービスを契約してたよな。
故障交換、5,400円やて。
さぁ、suuちゃん、交換する?

この日、mamaのケータイに電話。
さて、誰が出るでしょう。
「はい、もしもし。お父さん?」
おぉ、suuちゃん。
「あ、相談したいことがあってん。あんな、夏休みにオーストラリアでホームステイできるんやけど、お金がかかるんやけど、行っていい?」
「おぉ、もちろん!行っていいよ。お金は気にすな。ぜひとも行き。」
「ありがとう。でもな、ウチ、バレー部のマネージャーをやろうと思っててな・・・、」
(え、どんくさいsuuがマネージャー?しかも、バレーボール部!?140cmちょいの女子が、でっかい男子囲まれて?そんな組合せありか?)
「その合宿とホームステイの日程が重なるかもしれへんねんやん。その場合は、合宿を優先したいねんけどな。」
「あ、そう。好きなようにしたらいいよ。へ~~~、バレーなぁ。」
「うん。」
「もしもし、」
ん、mamaが割り込んできた。
「横で聞いてたら、suuが大事なことを言ってへんから、言おうと思って。」
「?」
「あんな、バレー部って言ったけど、女子のバレーボールやで。」
「はぁっ女子!?」
「そうやねん、笑うやろ~アハハハハハハ

suu「もしもし、そやねん。女子やねん。」
「(ぶっ。)・・・腹、痛いねんけど。」
「笑い過ぎ?」
マネージャーつったら、男子部でやるもんでしょ!

suuよ、マネージャーの仕事も料理と同じで、段取り力が大事やぞ~。
うわ~、どんな姿になるんやろ。
大会とかあったら、是非見に行きたいわ~。

「papa、晩ごはんはsuuがお好み焼きをリベンジしたいらしいから、よろしく。」とmama。
「へ~。suu、お好み焼き、作るんや。」
「え?あ、うん。」
どうした?歯切れが悪い。
 
その日の夕方。
mamaは仕事なので、suuと台所に立ちます。
「リベンジって、前回はどんなお好み焼きができたん?」
「え?あ~、とにかくな、まずいねん。」
「mamaが、なま焼けやったって言うてたけど。」
「いや、そういうレベルじゃなくて、まずいねん。お兄もな、これは無理、って。」
え~、何をつくったんや???

さぁ、suu、作るぞ。
<作業その1:材料、道具を用意>
キャベツ1/2個、青ねぎ1束、長芋100gくらい、サクラエビ1パック、生卵3個、ダシ大さじ3、小麦粉大さじ山盛り5くらい。塩、天かす、豚バラ8枚(適当でいいで)。大きなボール、おろし金、菜箸、鉄板(ホットプレート)、お玉、テコ。ゴミ捨て用ボール。
<作業その2:材料を切り、混ぜる>
・キャベツを細切りに、青ねぎを小口切りにし、ボールへ入れる。
・長芋は皮をむき、ボールへおろし金でスリおろして入れる。
・ボールへ、サクラエビ、生卵、ダシを入れ、塩をぱっぱっぱ。菜箸で空気を含ませるようにぐるぐる混ぜる。
・最後に、小麦粉を振りかけるように入れ、粉っぽさがなくなるまでさささと混ぜる。ここで混ぜすぎると、生地がネバネバになるので混ぜすぎ注意。
生地の出来上がり~。生地はさらりとしてるのがkosuka家の好み。
・長芋の皮や卵のカラなどのゴミは、出てきた都度、ゴミ捨てに入れること!
<作業その3:焼く>
・鉄板の温度設定は180度。
・鉄板に油をたらして広げる。お玉で生地を鉄板に落とし、適当な大きさに成形。
・天かすをパラパラパラとのせる。
・豚バラ肉をのせる。豚バラに塩をパッパ。
・焼けるのを待つ間に、洗い物をしたり少しでも台所を片付ける。
・片面がいい感じで焼けたら、テコでひっくり返す。
・続きで、台所を片付ける。
・豚肉がいい感じで焼けたら、ひっくり返して、出来上がり~。
1703buta
あ、suuを指示するつもりが、ほとんどやってもうた。
では、いただきましょう。
「お!うまい。」「うんまっ!」と男子チーム。
「あ、お好み焼きや。」とsuu。
前回のは、どんなんやってん?
「あぁ、あれはヒドかった。」とkou。
ちょっと生地が軽い感じだからか、食べ盛りだからか、みな2枚ずつぺろり。
そんなに大きくもないしな。
仕事から帰ってきたmama。
「あ、おいしくできてる~
前回のは、どんなんやってん?
「こないだのはなぁ、すいとんの生地に、ざく切りのキャベツがはさまってた感じ。多分、長芋もダシも塩も入れてないねん。味なかったし。」
・・・
suu、ドンマイ 
次は頼むぞ~。

この日、suuの高校入学式がありました。
papaは仕事。mamaに記念撮影を託します。

mamaからメール。
「suuの入学式に行ったらさ~、あっ、てなって、靴ぬげた。
 見たら、ヒールが排水溝のフタの穴にハマってたわ。恥ず~。」
・・・なんやねんな、その報告。

mamaからまたメール。
「すごい人で、suuと合流できんかった~。写真撮れず。ごめんよ~。」
うぉ~い
なぜ、合流できん!?
 
そうか、方向音痴な2人やもんな。
そら、しゃ~ないか 
 
suu、入学おめでとう!

数年前。
mama「papa、kouやsuuにスマホを持たせるってどう思う?」
papa「オレが持ってへんのに、なんで持たせる必要があるねん。」
 
1年前。
mama「papa、kouが高校生やで。スマホ、どうすんの?」
papa「そやなぁ、高校生ともなると周りはみんな持ってるやろし、連絡手段として要るやろなぁ。」
kou「あ、オレ、要らんで。ゲームしかせんやろし。連絡はパソコンでできるからいいし。」
papa「そうか、じゃ、なしで。」
 
今年。
mama「いよいよ、suuも高校生やで。どうする?」
papa「さすがにな。もう、持ってない、持たせてない方が変人やしな。suuは楽しみにしてるし、kouも部活の連絡手段はラインみたいやし。」
「kou、suu、ラインができたらいいやろ?金かかるから、電話番号はつけへんで。機種はオレが選ぶ。一番安いの。色だけ選べ。」
「ウチ、白がいい~。」 「じゃ、オレ、青にするわ。」
 
てなことで、kou、suuがついにスマホデビュー。
 
「おとん、オレのスマホ、ネットにつながらへんねん。suuのはつながんねん。同じように設定したはずやねんけど。」
「持ってないオレに聞くな。」
「あ、そうか。」 その後、つながるようになったみたい。
 
「kou、ちょっと食べログで調べたいことがあるねん。貸して。」
・・・手が乾燥し過ぎてて、タッチパネルの反応悪し。
「アカン、イライラしてきた。ギブ。」 「いじるん、やめとき。」とmama。
 
ちなみに、papaとmamaが使ってるのはガラケー。折りたためるやつ。
5,6年使ってるモノなので、バッテリーの限界が見えたらスマホへ買い替えようかと。
そう思いだしたら、少し前までバッテリーが不調気味だったのに、普通に使えるようになってきた。不思議やね~。
当然、ラインもやってないので、kouたちとの連絡手段はなし。
この状況って、やっぱり変人なんやろな。

この日、テレビを見ていると、小坂大魔王さんが出ていた。
それを見て、suuが一言。
「小坂大魔王ってさ~、ピコ太郎に似てるなぁ。」
 
papaとkou、「え!?」
suu「えっ、なに?」
papa「いや・・・」
suu「えっ、同じ人なん?」
papa「うん。」
suu「えっ、そうなん!知らんかった~
 
suuちゃん、いいぞ!その調子で行こう!



1609suu

この連休のpapa的メインイベントは、suuの文化祭を見に行くこと。

年間行事予定を見ると、文化祭が金曜で体育祭は水曜の予定だったので、文化祭をターゲットに帰阪です。ちょうど連休にもつながってるしね~。

中3の文化祭といえば、演劇。演目は『オズの魔法使い』。

「へ~、suuは何かの役で出るん?」「ウチ?音楽隊。yuriと一緒に出るねん。」「へ~。見に行くわ。」「うん。」

はて?オズの魔法使いって、音楽隊なんて出てきたっけな?

さ、いざ、観劇。

あ~、なるほど。劇中に流す音楽を担当する音楽隊ね。配役じゃないんや。suuは木琴を担当。

さて、劇は? おもしろかった!中学生らしかったね。mama的には知ってる子が出まくってたみたい。

suu、次の体育祭は見に行けないけど、ま、楽しんでな。

それが終わったら、いよいよ受験やな~。がんばれ~ 

1603suu

この日、suuが14歳になりました。

suu、おめでとう!

え~、そうやなぁ・・・、

不思議なのが、年頃の女子って、お父さんを嫌うもんじゃないの?

でも、全然その気配なし。

ええ子やなぁ、あんた。

優しいんやな。

その優しさのウラに・・・、とか考えるけど、どうもそうじゃないね。

天然やな、あんた。

だからね、料理づくり、お菓子づくり、大切なのは”段取り”だよ。

最終形をイメージして、それに必要なものを用意してから、調理開始しようね。

それと、片付け!

出しっぱなしはアカンな。

出したものは、片付ける。

なんかねぇ、帰る度に1度は言ってる気がする。

「suu~、これ、片付けて。」

頼むで~。

この日、kou、suuの中学の体育祭がありました。

当初の予定では、体育祭は金曜日の開催。しかし、その2日前の天気予報で金曜は雨。予備日である次の月曜は快晴の予報。

そこで誰が判断したのか、「金曜の体育祭は中止し、月曜に開催します。」との中学からのお知らせメール。

2日前にこういう連絡をいただけると、ありがたい!

金曜に休暇を取って帰阪する予定だったpapaは、速攻で上司に相談、予定変更に成功!

「中学の体育祭って見にいくものなの?」「それは人それぞれでしょ。僕は見たいんです。」

なんたって、kouは中3だしね~。

てなことで、中学組の体育祭を楽しめたのでした。

続きを読む

シルバーウィーク前、「お父さ~ん、ウチ、タコ釣りに行きたい。」とsuu。

お~、そうやった。suuはタコをなかなか釣り上げられずに宿題が残ってたな。

suuの予定を確認すると、行けるのはシルバーウィーク9連休の最終日。

この日の夕方に東京へ戻るので、のんびり過ごそうと思っていたんやけどな~、しゃ~ない、日の出に現地入りで行きますか。

1509fishing01

続きを読む

この日、suuが塾の月間成績表を持って帰って来ました。

「ほら見て、ウチ、5月は忘れもん、せんかったで。」とsuu。

(ほう・・・、ていうか、それが普通なんちゃうん?)

4月を見てみる。

『忘れ物:3回』

あ~、あったあった。宿題を済ませてあったのに、持って行くのを忘れてたというのがあったわ。

そやなぁ、何かと忘れ物をすることが多いsuuからしたら、忘れ物ゼロは素晴らしい!

(それが普通なはずなんやけどな。)

その数日後。夜20時過ぎ。

我が家の電話が鳴り、kouが出る。「はい。はい。わかりました。伝えます。」

「suu~、塾から電話!お前、今日、塾なんちゃうん!」

「あ~っ!!!」

suu、それはないやろ~。。。_| ̄|〇ガクッ

kosuka家の子供たち3人は、みなメガネっ子。

進級して、健康診断。3人とも、メガネをかけても、視力は悪い判定。

suuは「黒板が見えにくい。」とも言うてたしな。

この日、めずらしく家族5人そろってフリーの日。

「JINSへ行くぞ!今持ってるメガネは全部、レンズを交換。1つしか持ってないsuuとkanには2個目を追加する!」

てなことで、新品を2つ購入、レンズ交換は4つ。保証期間は過ぎてるので、4つとも有償。

それで、約3万5千円なり。

うおぉ、高い・・・けど、昔に比べたら安くなったなぁ。

papaが学生の頃に買ったメガネは、1つでそのぐらいしてたよな。

しかも、半年以内のレンズ交換は、無償。

よしよし、これくらいの頃の視力って、坂道を転がり落ちるように落ちるだろうから、半年後、6つともレンズ交換や。

絶対、忘れんようにせなな~。

↑このページのトップヘ