kosukaファミリーの暮らし日記

papa、mama、kou、suu、kan 家族5人ぶらり生活。2007年4月からの記録。 papaは2015年夏から3年間、東京単身赴任を経験。

カテゴリ: 家族 kou

明日、kouが私立高校1校目を受験する。

kou!

まぁ、がんばれ。

名前、受験番号、書き忘れるなよ~。

papaが受験したときは、試験開始の合図とともに、とりあえず周りを見回したな。意識して。

みんなが、ガバッと答案用紙に向かう姿を見て、”みんな、すごいな~”と思いながら。

まぁ、落ち着いて、臨めな。

 

ちなみに、明日のpapaは、休日出勤だ 

今年度、kouは高校受験生。

この日、mamaとkouの志望高校についてお話。

第一希望は、某公立高校。

大学進学も考えてるなら、今のご時世、公立校に行っても塾が必須になるらしく、経済的には有力私立校に行っても同じやでとの話。

あと、大阪府には私立高校の学費助成があるみたいやし。。。

へ~、でもまぁ、kosuka家としてはやっぱり公立校でしょ。子供3人いるし。

kouにとっても、志望校が一番通学に近い。

とはいえ、やはり私立校も併願受験はします。

で、その受験校は、某A私立校。papaはこの高校知らなんだ。

「へ~、kouのレベルやったら、B校やC校もいいんちゃうん?オレB校が併願校やったで。」

「あ~、そこって男子校やろ。男子校はイヤやねんて。A校は共学やねん。」とmama。

「へ~、そうなん。共学がいいって、アイツも色気づいたってことやな~。」

「さ~、なんかそれはなさそうやねんけど。今度聞いてみるわ。」

数日後、mamaから電話。

既に声が笑っている。

「papa、聞いて!共学の件、kouに聞いてんやん。そしたら、kouに答えは

 『男子校って、ホ〇が多いんやろ? オレ、それに巻き込まれるのいややから。』やって!どう?」

kouよ、そこか~っ!?

力、抜けるわ。

この日、kou、suuの中学の体育祭がありました。

当初の予定では、体育祭は金曜日の開催。しかし、その2日前の天気予報で金曜は雨。予備日である次の月曜は快晴の予報。

そこで誰が判断したのか、「金曜の体育祭は中止し、月曜に開催します。」との中学からのお知らせメール。

2日前にこういう連絡をいただけると、ありがたい!

金曜に休暇を取って帰阪する予定だったpapaは、速攻で上司に相談、予定変更に成功!

「中学の体育祭って見にいくものなの?」「それは人それぞれでしょ。僕は見たいんです。」

なんたって、kouは中3だしね~。

てなことで、中学組の体育祭を楽しめたのでした。

続きを読む

この日の朝。papaが起きるとテーブルの上にkouからの置き手紙。

『 自力で起きます。

   起さなくていいです。

    (7時に家を出るので、飯は6時40分くらいから)

      昼飯は不要                   kou  』

papaはkouが塾に行ってる間にkanと寝て、翌朝早くに起きる。

そして、必要があれば、子供たちを起こす。

この日は、kouが野球の試合で早くに出発する日。

ほう。なら、放っておこう。

6時。

「ピピピピッ、ピピピピッ、ピピピピッ、ピ・・・」 kou、目覚ましをとめる。

(ゴソゴソゴソ) 2度寝突入。

6時40分。

・・・よく寝てる。

7時。

しかたない。手荒に起そうと、枕をkouに投げつける。・・・でも、ミスった。カスっただけになった。チッ。

kou、目覚める。時計を見て、「あ、お~。」

なにが、お~、やねん。ちゃんとせんかい!

試合じゃなかったら本当に放っておくんやけど、一応スタメンなので、チームに迷惑はかけられない。試合にも出てほしいし。

7時起きでも、少し余裕を見てるようなので、集合時間にはセーフ。

ちなみに・・・、この日、kouは試合でエラー。

監督に怒鳴られるくらいの凡ミスエラーだったようで、その守備が終わったところで交代させられた。

かっこわる~。

そうそう、kouって、声変わりしてますねん。

papaもmamaもそれまで気がつかなかった。

年末にMさんファミリーと忘年会をしたときに、bonbonさんが「あっ、kouくん、声変わりしてる!」とご指摘。

全然、気がつかなかった~。

言われてみれば、確かに。

声がかれることもなく、じわ~~~っと変わってたみたい。

あらまぁ。

ってなことがあったのを、この日、ふと思い出した。

・・・半年近く経ってるよ。

kouは野球部員。

スライディングで穴があくので、ユニフォームにはヒザあてと尻あてが縫いつけてある。

「おかぁん、新しいのにつけかえてほしいんやけど。」とkou。

「わかった、やっとくよ~。」とmama。

でも、mamaは裁縫が苦手・・・のはず。

なんか軽快な返事をしてたけど、ホンマかいな。

しばらく様子をみてたら、やっぱり苦手みたい。

「mama、やっとくよ。」 「あ、ありがとう。」

途中交代して縫っていたら、「あ、おとんが縫ってくれてるんや。」と、なんか安堵感のあるkouの声。

「なんなん?」

「イヤ、こっちのユニフォーム、おかんが尻あてをつけてくれてんけどな。ポケットごと縫われてるから、尻ポケットが使えへんねん。」

「はぁ!?」

現物を見て、爆笑。ホンマにポケットごと縫われてる。手が入らへん。

mama!なんぼなんでも、大ざっぱすぎるやろ~[E:coldsweats01] 

あの、なんとなく気持ちはわかるけど、papaに任せて。2度手間になるから。

ちなみに、使えない尻ポケットはちゃんと直しときました。

ちょっと前のこと。

「実は左肩が痛い。」とkouが言いだした。

「どう痛いん?」

「普通にしてたら大丈夫やねんけどな、ボールを投げるときとか力を入れると痛いねん。」

「あかんやん。いつ頃から?」

「結構前。」

「あかんやん。」

てなことで、整形外科へ。両肩のレントゲンを撮る。

先生 「ほら、ココね、腕の骨の端、線があるでしょ。ここで骨が成長するんですけど、kouくんのような成長期に、ここにボールを投げるときとかの遠心力やらの荷重をかけすぎると広がってしまうんです。それが痛みの原因。ほら、右肩と左肩を比べてください。全然違うでしょ。これを我々は『リトルリーグショルダー』と言ってます。なので、2ヶ月、野球はやっちゃダメ。重いものを持つとか、荷重をかけるようなこともやっちゃダメ。それでね、こうなるのは腕だけで投げてるから。全身を使って、特に下半身を強化せなあかん。なので、この2ヶ月の間、下半身を強化するストレッチをやってください。」

2ヶ月後。

先生「骨は大丈夫ですね、元にもどってます。でも、いきなり普段のメニューで野球はやらないでください。まずはリハビリメニューから。1週間ごとに少しずつ負荷を増やしていきましょう。それで1ヶ月したら、通常にしてもらってOKです。」

あっと言う間の3ヶ月。

kou、リハビリメニューは部活の中でやることやからやってたやろうけど、ストレッチはほとんどやってなかったやろ。

また痛めても知らんで~~。

1502choco

この日は、バレンタインデー。

suuは前日の晩にせっせこ友チョコづくり。本命はどうなんだよ?

「おとんの分は?」「あるわけないやん。」・・・ケチ。

kanは陸上クラブの友達から2個もらえてうれしそう。もちろん、義理。というか、まだそういう意識がお互いにない感じ。単なるイベントか。

kouは「義理はもらった。」 それを見せようとはしない。ええけど。

そして、我が家ではmamaがガトーショコラづくり。papaのためだけに!ではないけどね~。

kanにデコレーションを手伝ってもらって、クッキーやらも添えて、できあがり~。

ウんマイ ガトーショコラに生クリームとラズベリージャムって合うねぇ。

kouが、ガトーショコラに反応。

「これって、作るの簡単?」 「めっちゃ簡単やで。」とmama。

「レシピ教えて。お返しはコレにするわ。」 そこか!

レシピを見て、mamaが一言二言アドバイス。「なるほど、わかった。」

・・・kou、スウィーツ男子すぎる。おそろし~。

現在、kouは中2、suuは中1、kanは小2。

なんや知らんけど、こいつら、よくご飯を食う!

kou、年末年始は部活がないのに、食欲はそのまま。で、コイツはすぐ顔に反映されるんやな。・・・ちょっと、アンパンマンみたい。ま、3学期の部活が始まれば、すぐしぼむんやろな。

suu、おまえはその体のどこに入ってくねん?

kan、おまえも食うわりには細いままやなぁ。うらやましい。

よく食う姿を見て喜ぶmama。「も~な、ピラニアみたい。」

食い物と見たら、何でも食いつくすということか。

ところで・・・

mamaも以前よりぽっちゃりしてるのは、papaの気のせいかしら?

今日は、正月2日。

朝起きると、外はまぁまぁ雪景色。

kouが雪かきしていたウッドデッキや車にも、あらためて10cmほど降り積もっている。

道路がガッチガチに凍ってる。

さてさて、kouの作品はどんな具合か。

続きを読む

1411room

この状況をイヤだ、と思わないんやなぁ、kouって。

papaは整理できてないとイヤな人間なので、こんなことになることはない。小さい頃から。

この辺りの性格は、mamaやな~。表向きはキレイにするけど、クローゼットの中とかすんごいし。

kanはキレイ好きだったと思ってたけど、これはkouの影響かもな。

ゴミぐらい捨てろよ。

洗濯ものも出しぃな。

papaのるろ剣を勝手に取り出して放ったらかしかよ。失くしたら弁償やな。

「部屋を片付けろ。」と言う気はなかったけど、papa的にはもう限界やな~。

言うてみるか。。。

1411kou

この日、kouが14歳になりました。

中2ともなるとプレゼントは、もういいやろ。小遣いの範ちゅうで、なんとかし。

でも、ケーキは欲しいようで、そこはmamaの出番。

ローソクも立てて欲しいようで、14本のローソクは多いから、長いの1本と短いの4本で14をイメージ。

明かりを消し、ハッピーバースデー!

ローソクをフッ!とするのには、kanがしゃしゃり出て来る。

さ、ケーキを食べよう。

今回のkouの希望は、チョコムース。

これまで、このうつわの量で、翌日にも一口分くらい残っててんけどなぁ。

今回はあっと言う間にキレイになくなった! みんな、よう食うようになったのぉ。

その日から3日間、kouが中学の授業の一環で、職業体験に行きました。

生徒たちが町にあるいろいろな職場に出向き、その仕事を体験させてもらう、というもの。

役場、幼稚園、飲食店、事務所、スーパー、薬局、文房具屋、などなど。

どの職場に行きたいか、アンケートがあったようだけど、結局は先生の采配で行き先を決められたみたい。

で、kouの行き先は、近所のスーパー。

kosuka家でも、いつもいつもお世話になっているお店[E:sweat02] 

「おぉ、それって、いろんな人に目撃されるで。」

「うん。」

kouも微妙な感じ。

案の定、mamaの携帯には、お母さん友達から、「kouくん、見たよ!」のメールがチラホラ。

そして、当のkouは・・・、

「めっちゃ、楽しかった!」

やって。

野菜を並べたり、値引きシールの値段を決めたり、レジ打ちもしたそうな。その中には、昼ご飯に店から好きなものを買って食べれた、ということもあるやろな。

楽しめたんなら、よかったやん。薬局に行った子はヒマでヒマで仕方がなかったらしいし。

そして、一番笑えたのは、kouがあるオバちゃんからかけられた一言。

「ねぇ、キミ、小学生?」

「いえ、中学生です。」 まじめに答えたkou。

小学生に見えるkouって・・・。

1410kou

この日、kouの中学の野球部が大会で、まさかの優勝をしちゃいました。

その前日の土曜は、3回戦。しかし、主力の子が帰省やケガのため、3人欠席。kouも、「さすがに勝てへんかなぁ。おとん、日曜は釣りに行きたい。」と言ってたのに、試合が終わって帰ってきたら、「おとん、勝ったわ。2-1で。」

おぉ、おめでとう!

勝てば、日曜は準決勝。それに勝てば、さらに決勝というスケジュール。mamaと「土曜に勝ったら、日曜は応援に行こう。」と言ってたのが現実に。

そして日曜。準決勝。この試合は投手戦だった。しかし、相手チームの投手がボークをしてしまうミスでkouのチームに1点。それが決勝点になり、決勝進出。

そして、決勝。

いや~、もう、見てるこっちは緊張とハラハラのしっぱなし。

kouのチームが先攻。1回表、相手投手の不調から3点先取。そこで相手投手交代。その子は安定していて攻めきれず。その裏、なんとか0点で抑えたけど、こっちの投手do-goも不安定!おいおい、自滅はするなよ。。。

3点リードしてるとは思えない2回裏。すぐにこっちのdo-goもつかまった。あっと言う間に同点。そこで、ピッチャーmicchi-に交代。この子はしっかりしていて、後続を抑え込む。

3回表、こっちのエースbobi-の長打から2点追加。その後、お互いランナーを出すも、ゼロ行進。

そして、6回裏、相手の攻撃。エラーをきっかけに1点をとられる。micchi-、ちょっと疲れてきたように見えるが、なんとかふんばる。(あぁ~、息するん忘れるわ。)

5対4。

kouのチームが1点リードで迎える7回、いよいよ最終回。表、kouのチームの攻撃。1人出塁するも、あとが続かず、凡退。そして、相手の攻撃。ここでピッチャーbazuに交代。一緒に応援に来ていたbazuのお母さん、緊張で固まる。(同じ立場やったら、耐えられへんなぁ、とmamaと話す。)

1人目、セカンドフライ。2人目、セカンドゴロ。3人目、フォアボール。

(あぁ~、kouにボールが飛ぶ前に終わってくれ~。bazu、頼むで~。)

そして、4人目を三振でたおす。

(bazu、お見事!あら~、優勝しちゃったよ。)

「あ、あ、終わりました?」とbazuのお母さん。ええ人やなぁ。

ちなみにkouの活躍は・・・、送りバントきっちり成功! レフトフライ、きっちりキャッチ!(写真) 

kou、お前なぁ、やっぱりもっと太らなあかんわ。パワーつけんと。素振りも毎日毎日やらんとなぁ。

なんにしても、優勝、おめでとう!

「まぁ、この大会は出場エリアが狭いから。ほかの大会では、本当に強いチームが出てくるから無理やわ。」とkou。

なんじゃ、そりゃ。

1歩冷めたところがあるのは、やっぱりpapaの子か。。。

もうすぐ週末のある日。

「なぁ、kou、今度の祝日は部活?」

「うん。」

「休みぃや。」

「なんで?」

「mamaも仕事ないし、suuも部活も塾もないねん。もちろんkanもなにもなし。みんなで釣りに行こうや。」

「え~。どうしようかな・・・。イヤ、行かん。野球行く。」

え~、kouが釣りをことわった。

ホンマ、部活が楽しいんやな。いいことだ。

 

結局、その日はのんびりと過ごしたな~。それもええね。

1408kou

「おとん、自転車のパンクを修理したいからさぁ、やり方教えて。」とkou。

キタ~~~!!!

やっと自分でやってみようという気になったか!お前も男なら、そういう機械いじりに興味を持たな。(中2だと、遅いくらいや。)

見に行ってみれば、解体して、チューブの穴の補修もやったみたい。

「なんや、だいたいできてるやんか。補修跡が問題ないかチェックしたか?」

「え、まだ。どうやるん?」

「チューブに空気を入れて、バケツに水を入れて、そこに突っ込むねん。穴が空いてたら、空気がブシュブシュ出てくるわ。」

さっそく、補修したチューブに空気を入れるkou。”シュッ、シュッ、シュッ”と入れるそばから、”シュ~~~~”と空気が抜ける音。

チェックして見ると、補修跡とは別に穴が3つほど。。。

「いっぺん、タイヤにチューブをはめてみた?」 「うん。」 「そのとき、ドライバーかなんか道具を使った?」 「うん。」 「それや。はめるときにエグってんねん。」 「あ~・・・。」 「タイヤをはずすのには道具を使うけど、はめるときは使う必要はないで。」などなど、自転車修理のコツをレクチャー。

ていうか、kou、お前、中2になって、何回パンクさせてんねん? この半年で3回か?おかしいやろ。

「(今回のは、)ちょっと気になるもんがあってさ~、それに見とれてて、前を向いたら、大きな段差があってんな、ガキッて当たって、ブシュ~って。」

思いっきり脇見運転やんけ。

な~んか、お前の行動って、1つ2つネジが緩んでるんよな~。

ま、そういう経験があって、いろいろと学ぶんやけど。

・・・学んでるんかな??? 

kouとsuuが期末テストに突入しました。

kou、今回は気合いが入ったようで、メリハリをつけて、勉強中。

suuも実直にコツコツと。

さぁ、何点とるんかの~、こいつら。

と言いながら、アナ雪の主題歌が気になったので、歌詞を印刷、ユーチューブを見て、邪魔をするpapa。

kanが、きちんとは覚えてない歌詞で、「ありの~~~ままの~~~、ふにゃふなな~・・・

ほれ、あと2日、しっかり勉強せぇよ~。

この日、kouとsuuが1学期の中間テストを終えました。

いや~、イライラと笑いだったな。

kou、ナメてるのと慣れだろうな、「やる気がないときにやっても意味ないねん!」とか言って、マンガを読む。

去年、「テスト10日前からマンガは封印する」と言ったのは誰だ?

テスト勉強をしないことは別にそういう経験もしてみたら?と思うけど、言ったことを実行しないのはイライラするので、テスト5日前から養生テープでマンガをくくりつけて封印。

それを見てkou、「あ、おとん、ありがとう。」 違うやろ~っ[E:annoy]

suu、中学生になって初のテストに臨む。

suuは真面目、コツコツ勉強して自信を高めるタイプ。でも、社会や理科のような覚えるだけの科目は少し苦手そう。

ある晩、社会の勉強をしていたsuu。どれどれ?

教科書とその補助資料がテスト範囲。補助資料の練習問題を見ていて、う~んと答えを悩んでいるsuu。

「そんなん、教科書を見て、答えを探したらいいねん。ここで考えたって覚えてないもんは出てけぇへんで。」

「え、教科書にのってんの?」

「教科書と補助資料はセットやろ。教科書にのせてないことを問題にするか!?」

「あ、そっか。あ、ホンマや、のってるわ。なんや~。」

・・・かなり時間を無駄にしてたみたいやね。

そして、テスト1日目を終えて帰って来たsuuにmamaが聞く。「suuちゃん、どうやった?」

というか聞く前からsuuがニヘラ~としていたので、テストができたことはわかってたらしい。

ニヤニヤしながらsuu、「簡単やったわ~。」

そしてそして、結果も上々!

suu、よかったな。これからは勉強の方法も考えんとな。

kou、おめ~は足元すくわれんように気をつけや~。

1405kou

赤坂山ハイキングのとき。

どうやら、kouとrinくんの間で、夏のコアユ捕りの話題で盛り上がったみたい。

今年はいついくのか?

どうやったら、いっぱい捕れるか?

などなど???

赤坂山からの帰りの車中、kouが「おとん、コーナンにつれてって。」 「なんで?」 「コアユを捕る仕掛けを作るねん。」 「ほぉ。」

その後、仕掛けの構想について聞いてみる。

「イメージ図を書いてみ。」 「それじゃ、魚は網に入らへんで。」 「追いこんだ魚の回収はどうすんの?」などアドバイス。

そして、資材の買出し。製作開始。なかなか楽しそうな仕掛けができそう 

さてさて、その仕掛けが活躍するのは、いつになるかな~。

この日、昭和の日。

kouもsuuも部活がなく、mamaも仕事が休み、というkosuka家みんなフリーという珍しい日。

晴れたら、ハイキング!と思ってたのに、無情の雨。

「kouの視力がさ~、かなり"ド"が進んでるみたいやねん。メガネを買いに行くわ。」とmama。

「マイカル?」 「いや、高槻西武にもJINSがあるから、そっち。」

「西武やったら、北海道物産展やってんで。」 「あら、六花亭は?」 「入ってるよ。」 「ウチ、バターサンドが大っ好きやねん。」

てなことで、高槻西武のオープンに合わせてGO!

続きを読む

suuの中学生生活が本格スタートしました。

kouの中学入学はあまり違和感を感じなかったけど、suuが中学生って、変な感じ。

でも、背はちっこいけど顔を見れば、まぁ、小学生ではない、かな。

中2のkouは、週3で塾、そして野球部。結構忙しい。楽しそう。

suuは中1になって、塾が週4!ひぇ~。本人は楽しんでるけど。ちなみにkouとsuuの通う塾は別。

そして卓球部に入部。えぇ~!suuが運動部に入るなんて・・・。しかも、反射が必要な卓球って・・・。まぁ、類友な子たちと一緒に入ってるから、のほほんとやるんだろな。

kouたちの通う中学では、お昼は給食ではなく、弁当持ち。

数年後に給食が導入されるという話で、mamaは心待ちにしてるけど、こういうのは得てして計画通りには進まんねんな。どうなるでしょう?

「弁当が1人分増えるだけでも、全然違うわ~。」とmama。ご苦労さまです!いつもありがとうございます!

弁当持ちだからかどうかわからんけど、その中学には『パン販』、どっかの業者がパンを売りに来るそうな。

kouからもそんな話は聞いてたけど、この日、suuがそのメニュー表を持って帰って来ました。

どれどれ。

お~、さすが中学生向け。安いな~。バーガーもんもあって、1個100円レベル。

「suu、カレーフライって、カレーパン?」 「うん、揚げてあるやつ。」 「あ~。」

「えっ、じゃぁ、チョコフライとかクリームフライってあるけど、チョコパンやクリームパンが揚げてあるってこと!?」 「いや、ウチ、そこまでわからん。」

なんか、くどく甘そう。

うわ~、気になる。

1403kou

「kou、あんた、クッキー作るんとちゃうん?」とmama。

「あ、そうや!作るっ!バターある?」

(ん?どういうこと?)

「何?クッキーって、ホワイトデーのお返し?」 「そう。」

「え~、バレンタインにチョコもらってたん?何個?」 「6個。」

「え~、分け前なかったぞ。」 「あげるわけないやん!」 

「本命は?」 「あるわけないやんか、全部義理やって。塾と英会話の女子から。なぁ、kou。」 「うん。」 「ふぅん、ほんで、kouからの本命は?」 「ないよ!」

なんや要領のいいkouは、あっと言う間に3種類のクッキーを完成。

そして、塾の日に渡したそうな。

「ちょっとpapa、聞いたって!kouな、女子にクッキーをあげたんやってぇ。そしたら、みんなな、kouの目の前でバリッて袋をあけて、ボリボリ全部食べちゃったんやって。なぁ、kou。アハハハ~。」 「うん、でも、おいしいって言ってもらえたで。」 

・・・。

kou、その女子たちには全く脈ナシだな。

↑このページのトップヘ