魯肉飯(ルーローハン)、東京勤務の時に職場近くの中華料理屋で食べたのが、辛くて旨かったよな~の記憶。ちょっと罰ゲーム的辛さやったけど。
そのレシピがdancyu 2019年8月号で紹介されていた。しかも、家庭で作れそうなレベル。
紹興酒は近所のスーパーに売ってる。でも、五香粉はない。けど、五香粉に代わるものはある。よし、作ってみよう。
2002ru01
五香粉の代わりに、ホールのクローブ、クミン、フェンネル、マスタード使ってみる。

なんか、できた。
豚バラのブロックをもっと大きく切らなあかんかったな、すんげ~縮んだ。
2002ru02
では、いただきます。
ん、味が濃い!dancyuで紹介の配合では濃いな、しかも、甘すぎ。砂糖が多いか。
けど、方向としては好きな味。調節次第でアリな一品になる予感。
ということで、調整すること2回目。いい感じに仕上がった!
2002ru03
豚肉のブロックは高いので、豚ミンチで代用。
作業的にはキーマカレーと一緒。調味料がスパイスか、紹興酒かの違い。
 
材料:豚ミンチ220gぐらい、タマネギ中くらい1個、ニンニク1片、ショウガはニンニクと同量くらい、これらはみじん切り、干しエビ5gをスリこ木で細かく砕く。
ホールスパイス:クローブ3個、クミン、フェンネル、マスタード、各小さじ1
調味料:紹興酒、しょう油は各大さじ3を混ぜておく、砂糖小さじ1.5、酢小さじ1、ゴマ油、カエンペッパー
 
鍋にゴマ油をたら~り。中火にかけて温まってきたら、ホールスパイスを投入。スパイスの香りが立ったら、タマネギと干しエビを投入。タマネギがこんがりと色づくまで炒める。溶けたタマネギが鍋にコゲ付いてきたら、コゲ付きに水を少しかけて、こそげ取って混ぜる。
タマネギが仕上がったら、ニンニクとショウガを投入、炒めて香りを出す。続いて、豚ミンチを投入。豚ミンチにあらかた火が通ったら、紹興酒、しょう油、砂糖を投入。水200mlを入れ、具材を混ぜ合わせる。
グツグツと沸いて来たら、弱火にして15分煮込み、仕上げに酢を入れたら出来上がり。
辛いのが好みなら、煮込むときにカエンペッパーも適量投入。
うん、ウんマイ 
kanも「お、コレ、旨い」 mamaも「なんか、おいしいな」
なるほど~、以前、紹興酒を使ってネギ豚を作ったけど、リピートありな味にはならんかったんよね。今回みたいにスパイスやらと組み合わせたら、なんか行けるんかも。
やってみよ~。