この4月、kosuka家は家の屋根・外壁塗装を実施しました。
で、その作業に邪魔になったのが、ウッドデッキ。業者さんとの打合せで確認。
「足場を組むのに邪魔になりますよね?天板を外せばなんとかなりますか?」「そうしてもらえたら、組めます。あと、どこか根太とかが壁に近接してるところは塗れないんですが…」「それはいいです。手の届く範囲で」
「これ、業者さんに作ってもらったんですか?」「いや、自力で」「え、ようこんなんつくりましたね」「えぇ、勢いで」
で、そのウッドデッキがこれ。こっちは駐車場奥の区画。
1904WD01
いや~~~、真っ黒 
10年前に1回ペンキを塗りなおしただけで、以降ノーメンテ。何度かデッキでランチとかやったけど、黒ずみが目立つようになってからは・・・。
砂ぼこり、黄砂、花粉、カビ、コケ、何がどうなってるやら。
日当たりが悪いので、雨の乾きが悪いからやなぁ。たまにほうきでサッサッとやるぐらいじゃあかんね。
で、外壁塗装で天板を外すことをキックに補修やるぞと決意。
まずは、「kan、天板を外すの手伝って!」
kosuka家のウッドデッキは大きく2区画。こっちは駐車場側。
1904WD02
塗装作業終了後、改めてデッキ材の状況を確認。
1904WD03
ん~、とりあえず、天板は全部サンダーをかけなあかんよな。カビはどこまで浸透してるかやな。腐食、割れがあるのは、使える部分を切り出す。それで使える部分を確認のうえ、不足を材木屋で購入やな。
それと、物置の取り扱い。
前はデッキの奥に置いてたけど、塗装作業のために駐車場の端に移動。
つまり、車のすぐ横。
この配置、使いやすい。このままココに置こう。
ということは、駐車スペースが狭くなる。 → 駐車場側の天板を1枚分狭めよう!
根太をカットして、
1904WD04
端部を塗装して、組み直す。天板5枚→4枚で、15cmスリムに。
1904WD05
駐車場奥の部分。
天板のすき間から流れ落ちる雨水で、塗装がはげて、こんな縞模様が。
塀際の端の天板は、日当たりも風通しも悪いから、腐食が最大。白いのは菌糸モノ。なんやろ~?
1904WD06
うわ~、腐ってる根太も。。。これは交換やなぁ。
1904WD07
根太も部分的に軽くサンダーをかけてから、全体をタワシ、ぞうきんがけして砂・ホコリを落とした上で、再塗装。suuが手伝ってくれました。
1904WD08
再塗装終了!ん~、縞模様が消えなんだけど、まぁええわ。
1904WD09
腐食してた根太は、減らした天板を切り出し、塗装して再利用。ネコ除けの金網も取り付け直し。
1904WD10
根太の改造、補修は以上!
次は、天板。サンダーをかけるだけで済むもの、カンナで表面を削ってからサンダーをかけるもの、これは体勢的にも結構ハードワーク。ここでもsuuがお手伝い。ありがとう!削りカスで真っ白になってたな。
1904WD11
手入れできた天板を仮置き。天板の裏面はほとんど汚れてなかったので、そちらを表に。
ん~、仕上がりイメージが見えて来たなぁ。
1904WD12
ココまでがGW中にできた作業。
さて、手入れせなあかん天板はあと何枚だ?
それと駐車場側のデッキは今後のメンテと、育ててるブルーベリーやらの日当たりを考えて、長さ方向を12feetから9feetに改造しようかな。
仕上がりイメージはできてきてるけど、作業完了はいつになるかね。
さて、今日も作業にとっかかりますか。