kosukaファミリーの暮らし日記

papa、mama、kou、suu、kan 家族5人ぶらり生活。2007年4月からの記録。 papaは2015年夏から3年間、東京単身赴任を経験。

2019年11月

最近、papaの帰宅は遅い。
「ただいま~」
帰宅すると、suuだけがいて、勉強している。
「おかえり。お兄はまだ帰ってないねん」
なるほど、mamaもkanも寝たんやね。
ふと冷蔵庫を見ると、kanの学校から「保護者様へ」と書かれた封筒が磁石で貼ってある。
取ってみると、みっちりノリ付け。
けど、薄っぺらい封筒なので、中が透けて見える。
 
”色覚検査結果のお知らせ”
 
お。
 
「suu、色覚検査結果やって」「あら」
開けてみる。
 
中の紙を取り出し、広げる。何があるのか・・・
続きを読む

この日、kouが19歳の誕生日を迎えました。
すげぇな、あと1年で自分の子が成人か。
最近のkouは、滅多に休みがない。
授業そのものがpapaの時代よりもボリュームアップ。大学も学生に遊ばせる気がないみたいに。
その上に硬式野球部なので、練習、試合で週末も出っぱなし。バイトも始めたので、帰宅も遅い。
忙しくても、楽しそうやから、OK、OK。
そして、早く、車の免許取れ。オレが楽したい。
 
kouが誕生日を迎えるということは・・・、今年もあと1ヶ月ちょっとやん。
早いな、早すぎる、なんでこんな早いんや?
kouの誕生日をキックに、年賀状づくり。家族版は完成。papaの趣味版は写真選定中。
年末年始の計画も考えんとな~。
kanは冬休み、kouも何やら部活がオフという話。
去年は九州だったし、今年は東北に遠征しようか。
日本初記録の鳥の話もあるし、2002年1月以来、18年ぶりか。
よし、なんかやる気出てきた。

ブルーベリーが色づいた!
なんか今年は、久々に見事に紅くなったような気がする。
今ある7本が見事に紅い。
じっくり見るのが、久々なだけかもしれんけど。
1911BB
ブルーベリーの紅葉を楽しんだら、葉が落ちる。
掃除せな。
どうしようかな~。
いつもは掃除した落ち葉は捨ててたけど、堆肥づくりでもしよっかな~。
どこでやるね~ん。

最近、papaは料理の参考に、きょうの料理を見るようになっている。図書館で借りて。
papa好みの、その辺にある材料で、作業説明が5行以内で終わるようなのがチラホラ。
この日、目がとまったのは、大根と豚バラの照り煮。
ん、簡単やった。
1911buta
この日、mamaはパートが遅番で、晩ごはんはkanと2人で。
「ちょっと大根が固いけど、おいしい!お代わり、ほしい」とkan。
お~、ウケた。大根が固いのは、レンジでの加熱が足らんかったんやな。papa的にはええ感じと思ったんやけどな。
パートから帰ってきたmamaも余りものを食べる。
「ん、なにこれ、おいしいやん。どうやって作ったん?ちょっと大根固いけど」
そうか、やっぱり固いんや。。。
「この本」「あ、へ~、なるほど」
てなことで、これから冬なので、外出は減る。(ほんま?)
ごはんづくりを楽しもう。

ある日、papaはひよこ豆のカレーを食べたくなった。豆の、あの食感がいい。
けど、豆だけで作ると、食べ応えが足りないんよね。
やっぱり肉も入っていてほしい。
てなことで、いつものキーマカレーで、肉の半分量をひよこ豆に置き換えて作ってみよう。

<材料(最近好みの配合)>
タマネギ小玉1個、トマト1個は粗みじん。ニンニク1片、ショウガ(ニンニクと同量)はみじん切り。豚ミンチ100g。
ひよこ豆は乾燥で100gを用意。一晩水に漬けて置いた後、水を取り換え、水から煮だして沸騰して5分煮てザルに受ける。
ホールスパイスは、フェンネル、クミン、マスタード、各小さじ1。クローブ3個。
粉末は、クミン、コリアンダー、大さじ1。ターメリック、カイエンペッパー、小さじ1。フェネグリーク、シナモン、カルダモン、小さじ1/2、ヒング微量。あとは気分で、パプリカを入れたり、コショウを入れたり。
スパイスの量は、ざっくりね。
1911mame
<作り方>
鍋にサラダ油を大さじ2。中火にかけて熱くなったら、ホールスパイスを投入。いい香りが立ち上がる。
スパイスがパチパチ言いだしたら、タマネギを投入。タマネギの表面がアメ色になるまで10分ほど炒める。
タマネギがいい感じになったら、トマト、ニンニク、ショウガを投入。トマトが温まったら、豚ミンチと粉末スパイスを入れ、混ぜながら炒める。
豚ミンチの色が変わったら、ひよこ豆、塩小さじ1弱、水200mlを入れて15分煮る。水が沸くまで中火、沸いたら火を弱めてクツクツと。時々混ぜる。
最後に味見で塩気をチェックして、出来上がり~。
では、いただきます。
お~、ひよこ豆だ~。ウんマイ 
mamaも「あ、おいしい!ひよこ豆がいいねぇ」 そやろ~。
けど、papa的には、もうちょっと豆はゴリゴリした食感がいいかもな。
つまり、下茹でをしなくてもいいかも?
やってみよ~。
mamaに怒られるかもな。

その週末の日曜、kanと釣りに行こうと考えてたら、なんと日曜は試合だと。
じゃぁ、papa1人で釣り? ん~~~。
「kan、土曜の部活は何時まで?」「昼まで」「じゃ、午後、釣りに行くか」「おぉ!」
「だから、大急ぎで帰って来て」「わかった」

現地到着、14時過ぎ。夕まづめ狙いだ!
1910oto01
午前の釣り人が去っての入れ替わりやな。
イカスミの跡がちらほら。ええの~、アジが釣れたら、アオリイカも狙おう。
続きを読む

この日、Kくんとウミックへ行きました。
その前に、舞鶴のタチウオポイントで少し運動。
夜中2時半、現地集合。
1910fish01
この日は北風。
ルアーはまっすぐ飛んでってもラインが風にあおられて、釣りづれ~。
・・・なんてことは、釣れない理由じゃないやろな。
終盤、papaのルアーに微妙なアタリ。なんか重い。・・・流れてた藻でした。
2時間がんばって、タチウオの姿を見たのは2本。
papaたちはボウズ。
うん、いい運動でした。
じゃ、ウミックへ移動。
続きを読む

mamaは、渋皮煮づくりも好きである。
栗の鬼皮をペリペリむくところから好きらしい。
「あ、穴あいた~」 なにがあかんの?
「煮たときに渋皮がはがれてボロボロになるねん」 あ、そう。
1909kuri
「今回は失敗したわ。煮る時間が少なかったかも。papaの好きなゴリゴリになったわ。ウチは前回みたいなねっちょりした仕上がりが好きやねん」
papaの好きなゴリゴリ食感を、失敗と言うたな~!
全部、いただこう。
ウんマイ 

mamaは、ジャムづくりが好きである。
”ジャムをつくること”が好きなのであって、ジャムはあまり好きな食べ物ではない。
イチゴ、ブルーベリー、イチジク、オレンジ。
右は、bonbonさんにもらったプルーンジャム。
左は、mamaが作ったイチジクジャム。
1909jam
イチジクジャムは、作った時の色がとてもきれいだから、一番好きなジャムなんだと。
・・・、
作ったなら、食えよ。
でも、少ししか食べないんよな。
てなことで、papaの出番!
パンにつけ、ヨーグルトに混ぜして、いただく。ウんマイ 
「papa、さすがbonちゃん、プルーンジャムおいしいな。自宅で育ててるヤツやろ?ウチもやろ」
待て。
プルーンは、木や!樹木や!
どこにそんな場所が???
 
いや、やってやれんことは・・・、あかんあかん、
とりあえず、イチジクが落ち着くまで待て。

今年のサンマは、不漁のニュースでスタートした。
当初見た1匹1000円の値段も、すぐに1匹250円程度に。
けど、なんか細いよな。
なんかな~~~、と思ってるうちに10月も中旬。
あかん、このままじゃサンマを食べずに終わる。それはあかん。
1910sanma
この日、kanと塩焼きでいただき。
やっぱ、ウんマイ 

この日、再び、篠山方面へ。
黒枝豆の旬は一瞬。成熟具合で味わいが変わるので、その変化も楽しむため、2週連続で買い出しに行くのがいい。
1910mame11
この日もお土産分も含めて、4束ゲット。
なんか年々、値段が上がってるんやけど、黒枝豆はそれでも買う!ものの一つやな。
続きを読む

あかんな、ドラマは。
ノーサイドゲームのディレクターズカット版を見たくなって、Paraviの無料体験を申込み。
そしたら、昔見たドラマもまた見たい!と、アンナチュラル、空飛ぶ広報室も。
いや~、よかった。
ドラマは悪くない。
 
てなことで、もうひと月ほど前の話。
「mama、今日が黒枝豆の解禁やって」「そら、行かなあかんやろ」
翌日、子供たちはそれぞれ用事があって、久々、mamaと2人でドライブデート。
国道372号を西進して、まずは黒枝豆をゲット!
1910mame01
晴れてると気持ちいいドライブなんだけどな~、あいにくの曇り空。

続きを読む

↑このページのトップヘ