kosukaファミリーの暮らし日記

papa、mama、kou、suu、kan 家族5人ぶらり生活。2007年4月からの記録。 papaは2015年夏から3年間、東京単身赴任を経験。

2018年07月

この日、夏の甲子園・大阪府予選がありました。
kouは、高3。この予選で負ければ、引退。
対戦組合せでは、初戦の相手は「ま、負けるやろ。」とmamaたちが評価するチーム。
「そんなん、やってみなわからんし、勝てるかもしれんで。」とkou。お、どこから来る?その自信。
ということなので、そら~、会社休むでしょ。休んで、応援へ。
結果、負けたけど、ええ試合やった!
 
相手チーム先攻。kouは3番ライト。
1回表、ピッチャーの立ち上がりを打たれた上に、守備の乱れで1点献上。その裏、3番のkou、内野安打でなんとか出塁するも、スルスルスルっと、なんぼなんでもそのスタートは早すぎるやろという盗塁を演じて、難なくアウト。おい、何をしたかった?
続く回でも追加点を許し、ん~、やっぱり相手は格上やなぁ、と思っていたその裏の攻撃。1アウトから、kouの打順。これがまた初球打ちしよんねんな、と思ってたら、それがパッコーンとライトオーバーの3ベースヒット!
1807kou
そこから打線が続き、なんと一気に同点に追いつく。俄然、応援も盛り上がる。
2アウト3塁。一気に逆転したかったけど、そこは相手ピッチャーが踏ん張った。お見事。
しかし、同点、試合は振り出し。
相手もこちらもココで!がないまま、ゼロ行進。
雰囲気的には負けてない、もしかしたら、勝てるかも。
しかし7回表、こちらの守備の乱れで、相手に追加点。まだピンチが続くも、相手のライト前ヒットをkouがホームへの好返球で追加点を阻止。
後で「あの返球よかったな。」と褒めたら、「あ、あれは暴投。ほんまはファーストでカットしてもらうつもりやった。」・・・、そこは「狙った」と言うとけ 
そして9回裏、1点差を追うところで、パタパタっと2アウト。 
しか~し、ここで打順は、この日も好調の7番Sくん。
Sくんが打ったフライをライトが捕り切れず、2ベースヒット。よっしゃ、得点圏!
ここで、代打Oくん登場。
ファウルだなんだで追い込まれても、なんか余裕な表情。
ピッチャー投げる、Oくん打った!
当たりはよかった!レフトほぼ正面!フライ、アウト、ゲームセット!
 
よかった、ええ試合やった。
「今まで見て来た試合で一番ドラマチックやった」と評価するmamaさんも。確かに。
「これで引退やなぁ。」
「この後、3年生1人1人のあいさつもあるねん。」
「それ、絶対聞かななぁ。」
「でもって、明日から受験勉強や。」「そうそう。」「切り替えてもらわんと。」
母は、いつでも現実主義ね。
 
そや!kou、お前もしっかりやってくれよ~。 
お疲れさま!

すごい暑さだ。
こないだkanの陸上記録会を見に行って、炎天下、日向に30分もいるとひっくり返るような予感がした。早々に日よけテントの下に避難。
選手の子たちもすごいけど、応援のみなさんもすごいわ。
 
そして、我が家。
2階の寝室では、5人分のふとんが敷きっぱなし。
窓も開けっぱなしやけど、日中の日差しに焼かれて、2階はサウナ状態。
ふとんもしっかりと温まって、ふっかふかに膨らんでる。
これはこれで気持ちがいいんやけど、寝られたもんでなし。
部屋を冷やそうとエアコンをオンしても、どこもかしこもふとんも熱を持ってて、なかなか冷えん。
24度設定で、扇風機で布団に風をあてて、ようやく布団に寝られる状態になるのに45分もかかった。
まだ7月。
当分雨が降る気配もなし。連日猛暑日の予報。ひえ~。
エアコン、サマサマやなぁ。
今、壊れたら、エライこっちゃやな。

単身赴任が終わって、みなと一緒に暮らせるのはヨシ。
新任地も、この時期はあまり残業もなく、これまたヨシ。
晩ごはんを、みなと食べられる。mamaのごはんはウんマイ。これまたヨシ。
で、ついつい食べ過ぎる。これは気をつけないとヤバし。
寝るのは、寂しんぼう?のkanと同じタイミング。
朝は、混む電車を避けたいので、自宅を7時に出発。
なんやかんやしてて、ほとんどpapa自身の時間がないやんか。
って、一番大きな要因は、睡眠時間やな。8時間は寝すぎだわ 
もうちょい、自身の時間が欲しい。
ということで、5時起きして、papaの時間確保を実行中。
それでも、7時間睡眠。
東京時代は5時間だったのにね。
それを考えると、4時起きもできそうやねけんけど、4時か~。4時て。
5時起きで、papaの時間は足りるのか。
もうちょい様子見やな。

東京での生活に心残りが、1つだけある。
『YOSHIZANE』さんの一汁三菜ランチが食べられなくなったこと。
1806yoshi01
この店を発見してから、基本的に昼はココ。
野菜をたっぷりたべられる、あんなランチはほかにはない!
野菜をたっぷり使いながら、味付けは薄くもなく濃くもなくちゃんと考えられて、満足感あり。みそ汁もちゃんと手作り、体が喜ぶランチ。
ご飯もお代わり自由。
”ペペロンなめたけ”みたいなご飯のお友なおかずがあるときは、ついつい、腹ぱんぱん。
是非教えてほしいテクニックがいっぱいあったな~。
 
昼をここでしっかり食べることを楽しめるから、夜は軽食でよくなり、結果体重もほとんど変わることなく、栄養面もちゃんとしていたように思う。
1806yoshi02
ほんと、『YOSHIZANE』さんのランチが楽しみだった。
『YOSHIZANE』さん、ありがとう!

↑このページのトップヘ