kosukaファミリーの暮らし日記

papa、mama、kou、suu、kan 家族5人ぶらり生活。2007年4月からの記録。 papaは2015年夏から3年間、東京単身赴任を経験。

2018年06月

ついに東京の寮を出て、自宅へ戻る。
 
・・・案の定、papaの荷物を収納する場所はない。
 
まぁ、地震もあったしな、それどころじゃないか。
 
って、suu!お前、学校が休校で、片付ける時間なんぼでもあったんちゃうんか! 
 
 
ちなみに、我が家は被害なし。
 
被害に遭われた方にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

この日、待っていたXデー。
papaに部門長から電話。
「おはよう。内示。また大阪で頑張って。」(もちろん、こんな言い方ではありません。)
 
このブログで書くことではないんだけど、東京での仕事・体制には事前のイメージと違って、いろいろと不満が多かった。正直、4年目は勘弁。
けど、そこそこ大きなプロジェクトをけん引してきたこともあって、「抜けられると困る」という声もあり、4年目の可能性もあった。
けどけど、予定どおり3年で転勤決定。
ホンマ、正直、ホッとした~。モチベーションって、ほんと大事やね。
後任には、注意事項はちゃんと説明、引き継ぎをして、がんばってもらいましょう。
 
mamaに連絡。
「suuとkanは、めっちゃ喜んではる。kouは『なんか勉強の邪魔されそう』やって。ウチは微妙~。」
ビミョー、言うな!ぶーぶー。
まぁ、こっちでは残業が多かったから、給料はよかったよな。
でもね、やっぱり離れてるのは、よくないね。うんうん。
 
てなことで、まる3年を過ごした単身赴任生活を終えようとしてるわけですが、
papaの荷物、我が家に置くとこつくっといてや!

「今度な、亀岡でkouが練習試合するねんやん。亀岡って遠いやんなぁ。」とmama。
「いや、車やったらすぐやで。電車で行くのは大変やけど。kouの試合やろ、行こか。」「ホンマ!」
てなことで、我が家から40分で『ガレリア亀岡』さん。
mama、朝市物色中~。
1806kame01
mama、ガレリアに買い物に来た回数は、もう数えられんよね 
続きを読む

この日、ちょいと遅くなったけど、母の日イベントとして、papaの母を誘ってディナーに行きました。
行き先は『china dining 彩菜(さいさい)』さん!ランチで1回来たことあるだけ、久しぶりやなぁ。
母よ、mamaよ、お疲れさま!いつも、ありがとう!
さて、注文したのは、クラゲの冷菜、トマトピクルスサラダ、エビマヨ、春巻、餃子、麻婆豆腐、豚ロースの酢豚、鶏唐揚げ(kou&kan)、フライめん(kou)、天津丼(kan)、杏仁豆腐、ココナッツアイス。
ここは撮影禁止なので、写真はナシね。
ん!ウんマイ どれもおいしいけど、特に驚いたのは麻婆豆腐!
中国出張で食べたのと同じ!これって、花椒がめっちゃ効いてるってヤツやんな?
ウ~んマイ めっちゃ好き。餃子もおいしかったし、めちゃめちゃヒット。
ここでもmamaは知り合いに遭遇。
kou?が幼稚園のときのママ友とか。みなさん、子供が大きくなって・・・てやつですかね。
ところで、今回のディナーはsuuがバイトのため欠席。
「suuの晩ごはん、どうしよ?」「なんか持ち帰りできるもん、あるんちゃうん?」「あ!お弁当があるみたい。」 
聞いてみると、お弁当のテイクアウトOK!小、大、デラックスとあるみたい。
晩ごはんタイムなのに、なんていいサービス。
で、suuには小をお持ち帰り。
1806saisai
これで、小?
ユーリンチ、肉団子、ポテサラに、ザーサイ、ご飯。
いやいや、量的には、全然”小”じゃねぇし。十分、立派。
そして、「おいしい!」 by suu。
いいねぇ~、天まるさんに彩菜さん。ご近所さんにディナーの選択肢が増えた!

この日、母の日の頃。
suuにYちゃんから突然の連絡があったそうな。
Yちゃんは年末年始にkosuka家にホームステイした留学生。
「今から、遊びに行っていい?母の日だからね、渡したいものがあるの。」
「えっ!今から!?」
たまたま、suuだけが家にいるタイミングだったみたい。
そして、いただいたのは、ブラックベリーのワイン 
1805wine
甘くて、いい香り!ウんマイ 
mamaといただきました。
Yちゃん、ありがとう!
これがおいしいって知ってたんかなぁ?
 
それにしても、suuがつかまったからよかったものの、そうでなかったら、どうしてたんやろね~。
なぞだ。
もうすぐ中国に帰るんやなぁ。

この日、子供たちが録画していた鉄腕DASHを見ていると、出張DASH村のコーナーで簡単でうまそうな料理が紹介されていた。
材料は、鳥モモ肉、タマネギ、トマト、シメジ、ニンニク、ローリエ、赤ワイン、しょう油、オリーブ油、塩、コショウ。
「mama、赤ワインある?」「ない。飲むこと考えたら、白でいいんちゃう?」「おぉ、そやな。じゃ、白を買うわ。」
てなことで、作ってみる。テレビでの分量を参考にざっくりアレンジ。
タマネギ中玉2個分、トマト大玉3個分を粗くみじん切り。ニンニク1片をみじん切り。シメジ1株の根部分を切り、バラす。
鳥モモ肉2枚を油を引いたフライパンで、皮めから焼く。中火で6分、裏返して弱火で5分。
鳥肉を焼く間に、鍋にオリーブ油をたっぷりと入れて火にかけ、ニンニクを入れて香りを出す。
タマネギを入れて透明感が出るまで炒めたら、トマト、シメジ、ローリエ、焼いた鳥肉を入れ、白ワインを50ccくらい、しょう油を大さじ3くらい入れて、中火で10分煮る。
アクを取り除きながら、結構グツグツやる。
最後に、塩、コショウで味を調えたら、出来上がり!
1806tomato
では、いただきます。
「あ~、おいしいやん。」とmama。なに、その微妙な感じ。
papaも一口。
あ~、おいしいな。おいしいわ。けど、もうひと工夫したら、もっとおいしくなる気配。
なんだろう?
「塩麹を使ってみたらいいんちゃう?」とmama。
ん~、そうなんだろうか?
papa的には、なにかもう一つ入れるべき材料がある気がすんねんな~。
ズッキーニ?
それとも、やっぱり赤ワイン?
ま、とにかく、また作ってみよ~っと。

この日、金曜日。papaは会社を休んで東京でちょいと用事を済ませた後、帰阪。
昼過ぎに家に着くと、mamaがせっせと台所作業。
「え~!何、ちょっと、早いやん。ウチ、今忙しいから邪魔せんといて。」
はいはい。
この日のmamaは夕方からパートということで、子供たちが仕上げをすればいいように晩ごはんの準備に、papaが作るカレーの下ごしらえ、そして、ケーキづくり。
不思議な人や。
いろいろと家事で忙しいやろうに、「時間ない~!」とかいいながら、ケーキづくり。
ケーキをつくることが趣味とはいえ、自分を追い込んでね?
1806cake
この日、mamaが作っていたのは、ティラミス!
マスカルポーネチーズは高いらしく、クリームチーズを代用につくる。
なので、比較的口当たりは軽いかも。
これが、ウんマイ 
ラッキー、いいタイミングで帰ってきた。
ちょ~っと、papaの好みを言わせてもらうなら、スポンジは倍の厚さがあってもいいかも。
mama、よろしく~。

昨年は、作業のタイミングが合わなくて防鳥ネットを張らなかった。
帰阪したときには、鳥にバクバク食べられてて、もういいやと。
なので、kanに「青くなったら収穫して。」と、鳥とkan、青くなったのを早く見つけた方が収穫するという作戦に。
そんな収穫だから、当然生では食べられないけど、ジャムならいけるだろうと。
で、そこそこ貯まったところで、mamaにジャムにしてもらった。
けど、その味は・・・。やっぱり、青くなってからある程度置いておかないと、うまみが乗らんのやねぇ。
てなことで、今年はちゃんとネットを張った!
1806BB
すでに早成りミスティーの第1陣の大粒なのは、食べられた感じやけど、収穫本番はこれから!
エリザベスは、かなり順調な実付き。
ビワの実は全部ヒヨドリが食べたみたいやけど、ブルーベリーはあげへん。
初収穫は、2週後ってとこかな。
楽しみ~。

6月1日、大阪へ帰るための東京駅にて。
発車10分前。
ホームにあがると黄色い車体。
おおぉ~!
1806DrYELLOW
わざわざ、反対側のホームに移動してパチリ。
親子連れさんはもちろん、通りすがりのサラリーマンもパチリ。
テンション、あがるよな~ 
ラッキー。

↑このページのトップヘ