kosukaファミリーの暮らし日記

papa、mama、kou、suu、kan 家族5人ぶらり生活。2007年4月からの記録。 papaは2015年夏から3年間、東京単身赴任を経験。

2015年06月

もうすぐ東京で勤務。

残務処理でバタバタ。

やりきっておくべきもの、引き継ぐもの、なんとか終わりに目途。しんど~、勝手にやせたわ。

一番大変だったのは、古くからある書棚の整理。papaがいる3年、特に見た目はかわってないし、それ以前からの書類が多数。場所によっては、20年以上放ったらかしも。

こういうの放っておけないんよね、papa。

前からやっておけばいいんだろうけど、やっぱり何かきっかけがないと動けないね。

いらんものは捨てる! とりあえず残すものは書庫へ。 生きてる、生きてそうなものは書棚に残置。

3日かかった。

まぁ、それよりも・・・、東京で住むところが決まらない。

会社が用意してくれるって聞いてるけど、どうなってんの~???

とりあえず、荷造りだけすすめとこ。

この日、会社にて。

朝、所長からpapaの直接の呼び出し。

「次、東京勤務ね。」

(・◇・)?

おぉぉぉぉぉお!!?? マジで?

この驚きは、想定どおりだったことへの驚き。希望もしてたし。でも、言うたとおりになるとは・・・。

mamaに電話。

「東京に転勤するわ。」 「え~~~っ!!!」 

「言うてたとおりやろ?」 「え~~~、どうすんの?」 

「どうすんの?って、単身赴任やん。」 「あ、そか。・・・え~~~っ、マジで?どのくらい?」

「多分、3年。」 「マジで?」 「よろしく。」

kou、中3、受験生。・・・まぁ、がんばれ。

suu、中2、来年受験生。・・・おまえも、まぁ、がんばれ。

kan、小3。・・・mama、kou、suu、頼むわな。

というわけで、引っ越す。

単身赴任ねぇ・・・、住居は会社が斡旋してくれるけど、なにが用意されてるんやろ?

今ある装備も、どこまで持って行こうかな。

東京か~~~、アルプスの玄関まで『あずさ』1本で行けるんよね~。

まずは高尾山で足慣らしかな。

この日、suuが塾の月間成績表を持って帰って来ました。

「ほら見て、ウチ、5月は忘れもん、せんかったで。」とsuu。

(ほう・・・、ていうか、それが普通なんちゃうん?)

4月を見てみる。

『忘れ物:3回』

あ~、あったあった。宿題を済ませてあったのに、持って行くのを忘れてたというのがあったわ。

そやなぁ、何かと忘れ物をすることが多いsuuからしたら、忘れ物ゼロは素晴らしい!

(それが普通なはずなんやけどな。)

その数日後。夜20時過ぎ。

我が家の電話が鳴り、kouが出る。「はい。はい。わかりました。伝えます。」

「suu~、塾から電話!お前、今日、塾なんちゃうん!」

「あ~っ!!!」

suu、それはないやろ~。。。_| ̄|〇ガクッ

すっかりサボリぐせがついちゃったな~。

まぁ、最近、書き残しておきたいようなネタがないのも事実で、

それと、ある研究?に注力してたってのもあるんやけどね~。

それもようやっと終わりが見えてきたし、一気に仕上げてしまおう!

と思うんだけど、新たな事実に気づいて、また全体を見直して・・・。

ホンマ、いつ終わるんやろな、この作業。。。

↑このページのトップヘ