kosukaファミリーの暮らし日記

papa、mama、kou、suu、kan 家族5人ぶらり生活。2007年4月からの記録。 papaは2015年夏から3年間、東京単身赴任を経験。

2012年04月

1204sateサテ・・・、インドネシアの串焼きですね。

桜バザーで10円で買った本にそのレシピが載ってました。

材料は、鳥ミンチ、ピーナッツバター、ナンプラー、ネギ、(大人用にはタカノツメも)、だけ。材料を混ぜて練り練りして、ダンゴを作って、串に刺して、グリルで焼く。なんと、シンプルな。作ってみよう!

・・・が、実際に作ってみると、ダンゴが微妙にやわらかくて、串にうまく固定できないんですよね。ま~、なんとか、串焼きには仕上げましたが、時間も手間もかかってしまった。

しかも、一発ではうまくいかなかったわけで、

1回目:ピーナッツバターの入れ過ぎ~。まずくはないけど、その風味しかない。

2回目:ナンプラー入れ過ぎ~。塩辛いのなんの。。。

で、2回目の塩辛さの原因究明で、衝撃の事実発覚。

我が家には”大さじ”が2種類あり、薄々は量が違うことを認識していましたが、今回、はかりを使って、容量をチェック。大さじの容量は一般に15ccですが、これまで、メインで使ってきた大さじはなんと10cc!2/3じゃん!で、もう一方が普通に15cc。1回目はメインの大さじ、2回目は普通の大さじを使ってナンプラーを入れたので、2回目が塩辛くなって正解!

というかやね、これまで”大さじ いくら”として書いてきた記事は、すべて大さじは10ccだよ~、ってことやん。小さじはもちろん、5cc。

あららら~・・・・・・、まぁ、いいか、papaとしてはこれまでと作り方はかわらんし。

よし、なんかスッキリしたし、ピーナッツバターもまだまだあるし、バッチリじゃないながらも子供たちにもウケたし、サテを極めるぞ~。

 

1203kankan、合格おめでとう!

去年の9月からスイミングに通い出したkan。楽しく通ってるようで、ヨシヨシ。

次は、青級やな~。そう言えば、kanのスイミング姿、まだ見に行ってないやん。今度、見に行くわな。

 

suu、スイミング復帰、おめでとう!(なのか?)

何年前だ?滲出性中耳炎のために両耳鼓膜にチュービングをしたsuu。そうすると耳に水が入ったらあかんので、スイミングを続けるには耳栓をする必要があるのですが、それが気持ち悪いということでやめることに。。。

が、そのチューブが両耳とも自然に抜け落ちたので、晴れて、この4月からスイミング復帰!12級。もともと水遊びが大好きだから、めっちゃ楽しいみたい。体が大きくなって、中耳炎にもならなくなったし、すべてヨシ。suuもまた見に行かなあかんな~。

 

そして、kou。この4月から、なんと選手コース!これまでのkouのタイムを聞いてても速いな~と思ってたのに、選手コースの標準タイムを聞いたら、それよりももっと速いでやんの。すっげ~な。

選手コースともなると、練習もハードになって、kouも毎回ヘロヘロになって帰宅。それでも「めっちゃ楽しい!」とkou。まわりの先輩たちにも恵まれているみたいやね。これまた、いっぺん見に行かなあかんな~。どないに速いんやろ。

 

1204hakureisya宮津からの帰り道、何で見つけたかは忘れてしまいましたが、造り酒屋さんがスイーツを売っている、ということで目をつけていたお店に寄り道しました。

宮津市由良にある『ハクレイ酒造』の『白嶺舎』さんです。”蔵スイーツ”と銘打って、売り出されているスイーツたち。カフェもある、ということで寄り道したのですが、あれ?カフェはお休み。

地酒販売店の方へ行くと、「あ、カフェの営業は木曜から日曜です。」と店員さん。ガビ~ン。

てなことで、地酒販売店に打っていた焼き菓子をいくつかゲット。日本酒はゲットせず。最近、日本酒をおいしいと思えなくなってきたんよね~。弱くなった。。。

 

そして、シロウオ丼の夕食の後、デザートにいただきます。

はい、すいません。この手のお菓子には、正直、”普通においしいかな”くらいにしか期待していませんでした。

はい、すいません。ウんマイ[E:lovely] なんやこれは! 香り、甘み、しっとりした食感、マジうま。

mamaも「これ、おいしい! ちょっと!次はケーキを食べたい!」 

そうやなっ!って、次って、いつだよ?

夏、海の帰りにちょいと・・・、可能かな。要検討だぜ。

 

夕方6時過ぎ、我が家の到着。

・・・の前に、ご近所のOhtaファミリーの家へ寄り道。「おみやげ~。」

って、ちゃんと生きてました、イサザちゃんたち。袋の中で元気に泳ぎまわってます。

「えっ!?何コレ、なんか、笑ってるやん。コレをおどり食えと!?」とOhta mama。

”なんか笑ってる”は、ええな。確かに、なんか笑ってるように見えるわ。「そうそう、おどり食って。」

 

さてさて、晩ごはんの準備をしないと。

1204miyadu21 超新鮮!

続きを読む

この日、春休み企画第2弾、宮津へお出かけしました。

1年前のこの時期、suuとkanと3人で宮津に遊びに来て、おもしろそうな春の風物を発見したので、今回はkosuka家もそれを楽しもう!という計画。

1204miyadu01 島崎公園より、天橋立、丹後半島を望む。

続きを読む

1203fondu「mama、ゴーダとグリュイエールとエメンタールチーズを買ってきて。」

「何するん?」

「チーズフォンデュ。新聞に作り方が乗ってんねん。」

「へ~、わかった。kanちゃんのスイミングの帰りに買ってくるわ。」

 

その日の夕方、mamaから会社のpapaへメール。

「チーズ、ものすごい高かったから、買わんかった。」 詳細を聞くと、欲しい分量をそろえるとチーズだけで3,000円。そら~、買わんでいいわ。

その帰り、梅田の成城石井へ寄り道して、チーズチェック。それっぽい量を買うと1,600円ほど。安くはないけど、一度やってみたいから、買っちゃえ~。

 

その週末。お昼ご飯にチーズフォンデュに挑戦。具材には、自家製食パン、ソーセージ、ちくわ、茹でたジャガイモ、茹でたアスパラ、さっと炒めたエリンギ、ゆでうずら卵、バナナを用意。

ところがや・・・、白ワインをいれるところを白ワインビネガーを入れちゃったり、片栗粉を入れるのを忘れたり。。。

チーズが二層に分離してて、なんかイメージとは違ったけど、チーズフォンデュな行為はできた! 

なによりも、子供たちが喜んでくれたのは、よかったな。「これ、楽し~。」とか言いながら。

味はそれなりにマル。やっぱチーズが高級やからかな。後半は、食パンが水分を吸いまくるもんだから、ゴムゴムなチーズを食べることになったけど、まぁまぁ、イベントとしても盛り上がったかな。

コレ、もっとリーズナブルにする方法はないかな~、かといって、ピザ用チーズでするのはどうなんやろ。

うん、調査の価値はありそうやな。

 

子供たちの春休み前半のこの日、papaは会社を休み、ファミリーでお出かけしました。

前々からこの日は休みの予定にしてたけど、なんか仕事が増える一方・・・。でも、思い切って休んでよかったな~。

で、若狭方面へ春の風物を楽しみに行く予定にしていたのに、この日は、まさかの雪予報。そして、大阪近辺も雨予報。

「kou、雨やってぇ。どうする~?」 「どっか水族館とかがいいな~。」 「おぉ、なるほど。」

そう言えば、京都市内になんかオープンしてたよな。調査、調査・・・。入場料、高っ!家族5人で行ったら、入場料だけで7,000円やん。無理無理無理無理無理。。。

「あそこは?前にも行ったとこ。水のゲームもある・・・」 「あ~、柴島のな。」 調査、調査・・・。はい、残念、月曜は休みやって。

「よし、じゃ、琵琶湖博物館に行こう。ついでに、池田牧場でご飯とアイスってのはどう?」 「行く~。」

てなことで、GO!

で、ほい、やってきました、名神高速・黒丸PA。

トイレ休憩だったけど、健康器具でリフレッシュ。

1203kou kou、懸垂、がんばれ!

 

続きを読む

1203sagoshi魚偏に春と書いて、サワラ!
だから、春が旬だと思ってたら、ちごた。1~2月が旬だと。でも、旧暦で考えたら、その辺が春だから、ええんか。ややこし。
さて、〆さばを作る要領で作ってみた。塩漬け2時間、酢漬け2時間。いつも行く業務スーパーのおばちゃんに「サゴシでも、できるで~。」って聞いたから。さてさて、お味のほどは・・・。
「mama、どうよ?」
「うん。」
「サワラ自身の味が薄いから、なんかもの足りんな。」
「まずくはないんやけどなぁ。」
「でも、食べてうれしくもないな。」
「そやね。」
ってなことで、2度とつくらん!
でも、半身で〆めをつくり、もう半身で漬け焼きを作ってみた。しょう油:酒:みりん=1:1:1の漬けダレに漬け込むこと2時間。グリルで焼いて、いただきます。
こ~れ~は、ウんマイ 
西京漬けは、お金がかかるし、サワラはこの食べ方がええかな。またやろ~。

明日は、休日出勤することになってもた~。

なんやねん、この忙しさ。。。

 

いつの間にか、桜が咲いてるし。

 

あ、ブルーベリーはどうなったかな。

ヒヨが食い荒らす前にネットをかけんとな、ってそんな時間ないやん。

 

あ~、眠い。

 

↑このページのトップヘ